イメージ画像

夫の素行調査

興信所の業務の中で以前より最も依頼が多いのが夫の浮気の疑念を解明する素行調査で浮気調査とか不倫調査とも呼ばれています。「浮気は男の甲斐性」「不倫は文化」などと呼ばれ、人によっては「男性のステータス」や「男の勲章」のように勘違いしている夫も多いのかもしれません。確かに妻以外に愛人を持っている事を自慢気に話す輩もいます。

貴女の夫は大丈夫ですか?

残業や接待、飲み会が以前より増えて深夜に帰宅することが多くなっていませんか。休日も何かと理由をつけては一人で外出していませんか。携帯電話にロックがかかっていませんか。

些細なことで怒りだしたりとかありませんか。浮気にはさまざまな浮気の兆候はありますので少しでも今までと違う行動や様子が見受けられたら夫の素行調査をしてみることをお勧めします。

浮気の証拠を掴めさえすれば懲らしめてやるもよし、離婚を申し立てをするもよしとすべてが妻である貴女にとって優位に物事を進められます。浮気とは一人ではできません。必ず浮気相手がいますのでその相手に対しても慰謝料請求などが可能となり、貴女に対して精神的苦痛を与えた当事者の1人である浮気相手を慰謝料などで懲らしめてやる事も可能です。また素行調査では浮気ばかりではなく、ギャンブルにハマってしまった夫のケースや稀ですが夫の秘密裏の趣味趣向が判明したという特殊なケースもあります。

妻の浮気調査

近年とても増加傾向にあるのが妻の浮気に関連する素行調査です。これは女性の社会進出の上昇に比例して増加してきたものでやはり共働きの妻に多く、勤務先内での上司、同僚との不倫関係が目立ちます。

ただ夫以外の男性との接点が勤務先以外にもさまざまな所(子供の学校、塾関係や趣味趣向のサークル等)でも増えてきています。ですから専業主婦の浮気も増加中です。

妻の浮気は夫の浮気と違い、遊び感覚で浮気をする人は稀で、精神的にはかなり本気モードで浮気しているケースがほとんどです。浮気の兆候としては夫の浮気同様、何かの理由をつけて帰宅時間が遅くなったりしていませんか。専業主婦でも日中に女友達と会うとかエステやスポーツジム、遠方への買い物などを理由とした外出が多くなっていませんか。

更に携帯電話を手放さなかったり、ロックされていたり、こそこそとメールをしていたり、夜の夫婦関係を拒んだりとあからさまな浮気の兆候も目立っていませんか。こうなると要警戒ですので早急な素行調査をお勧めします。

結果、浮気調査によって浮気が判明すると夫の浮気よりも離婚率は高いのは夫側に許せない気持ちが強いのもわかりますが本気モードであったということからか妻側も夫の要求をすんなり受け入れ、離婚に応じる人も多いのはどうしようもないのかもしれません。時には浮気相手男性も既婚者でその妻から逆に訴えられたり、遊ばれていたというケースも少なくありません。

このページの先頭へ